YOTA NAKAGAWAYOTA NAKAGAWA
一挙三反

中川 陽太

2019年入社
システムエンジニア

INTERVIEW

就活時代はどんな期間でしたか?

ただひたすらに迷っていた期間でした。就活をきっかけにして今まで考えなかった(もしかしたら考えることを避けていた)これからの人生について、一つ方針を立てるという課題をクリアできない日々が続きました。
最後の最後に藁をも掴む思いで相談した就職エージェントサービスでベンチャーという選択肢を初めて勧められました。それまでわたしの周りにベンチャー企業に関わる人がまったくいなく漠然とした不信感を感じていましたが、お話を聞く中で急成長する会社の業務をこなす中で成長し、社内にとどまらず社会で活躍できる人材に成長するという環境にとても魅力を感じて、最終的にはそのなかでも丁寧にサポートをしてくれると感じたケーエムケーワールドに決めました。
迷った期間様々な見聞を広めることができましたし、最終的に納得のいく結果を得ることができたので人の2.3倍かかりましたが後悔はしていません。

「ベンチャー企業への疑い」は晴れましたか?

ベンチャー企業の方とお話をした第一印象は“たのしそうだな。”でした。人事や社員の方とお話しする中で、それは会社の中で社員一人一人の力が重要なもので、より核となる業務をすることができるからだと感じています。もちろん業務の重要さに比例してその責任や負担も多いと思いますが、それによって得ることができる経験も大きなものだろうと思っています。
不勉強なわたしは社長面接で所謂ブラック企業的な待遇はありませんか?と聞いてしまいました(もう少しオブラートにつつみましたが笑)。その時にお話しいただいた社長の会社に対する熱い想いもこの会社で働いていけるなと思える大きな要因でした。

将来に前向きになれましたか?
内定期間中にすべきことは何だと思いますか?

正直にいって将来に対する不安が一切なく前向きになれました!とはなっていません。しかし土屋さんとの面談や社員の方とのお話を通じて将来の自分の姿が少しずつイメージできるようになれたのは事実です。それだけでも随分と楽になりました。
内定期間中にすべきことは漠然としていますが、やりたいことをやることだと思います。それは旅行であったり、新しい趣味であったり、資格勉強であったり。社会に出てしまうと仕事以外のなにかをするにはとてもエネルギーが必要になってしまうと思います。今のうちから授業や内定者課題などと平行して自分のやりたいことを実行する力をつけることが働く上でとても活きてくるのではないかと思います。

生活の一部というテニス!
あなたにとって趣味とは何ですか?

私は好きなこと、やりたいことを見つけたら満足するまでとことんやり尽くしたい性格です。逆をいうと飽きるまでやり尽くしてしまってすぐ飽きてしまうことが多いです。
そんな中でもテニスは特別で15年間も続けています。なんでかと理由をつけることはできるかもしれないですが、やっぱり好きだからずっと続けているんだと思います。これだけはいくらやっても飽きないし無限に成長していると感じられます。自分の中で趣味というのは、例えば練習や筋トレが辛かったり、試合で勝てなくて悔しくても、やっぱり好きでやめられない。そんな風を切っても切れないものだと思います。仕事もそんな風に好きになれるものになれればいいなと思っています。