秋本ページ・背景

大手SIer数社に16年勤務の経験を持つ
秋本氏がKMKWORLDに転職
大手ではないKMKWORLDでのやりがいについてインタビュー!

A's Style
入社後初の担当案件が大型案件のPM
【A's Style】三菱ふそうトラック・バス株式会社 大型自動車 工作部門(生産設備の突発品製造部門)生産管理システム
秋本氏
秋本氏
プロフィール

案件が立ち上がった背景とは?

お客様の業務は、工作部門(従業員数100名)にて、大型自動車生産設備における突発品の生産で、全社製造部門から依頼される形の受注生産部品となります。

一般的には、大量に部品を生産する部門では、全社で導入されているSAP生産管理システムによりスムーズな生産効率が整っている一方、同部門はSAP仕様と合わないため、独自の受注生産システムを利用していました。 今回、同システムの老朽化、かつ現状に見合ったシステムとなっていないということからシステム変更をしたいという要望により案件化したものとなります。

「A's Style」が採用された理由とシステム導入後の効果は?

「A's Style」が採用された理由として、以下のようなお客様の多様なニーズ(マルチニーズ)の実現にありました。
 ・要望に合わせた柔軟な機能提供
 ・短納期/低価格
 ・生産管理業務の可視化
 ・朝会等、時間管理の可視化/共有
 ・生産状況の共有(工場内、巨大モニターを活用)
 ・現状に即した管理者レポートの出力


システム導入後の効果については、お客様から以下のご意見を頂きました。
 ・作業指示書や図面がタブレットから容易に確認できるようになった
 ・誰がどの工程を担当しているか、また状況が把握しやすくなった
 ・業務効率化により、社内他部門からの評価も高くなった
 ・当部門従業員のモチベーション向上に繋がった

入社3か月目での大型案件PMのやりがいは?

「顧客ヒアリング→要件定義→設計→製造・テスト」という開発工程の全てにおいて全権を委任されるPMというポジションであったため、お客様の要望・意見を最大限活かしたシステムを構築することができました。

元々私が弊社へ転職する際に最も重要視していたのが『自由度の高いPM』であったため、今回の案件においては受託会社である自社の上司に気遣いすることなく、自社メンバーがプロジェクトチームとして顧客満足度向上のために一丸となって ”短納期””高品質” なシステム構築ができたことは、非常に達成感の高いものとなりました。

短納期案件ということですが、その詳細と苦労は?

案件の詳細としましては、
 工期:10月受注で年内納品(実質的な工数が2ヶ月)
 予算:数千万円
 システム利用者数:100名
というものです。

苦労した点として、Oracle社が2017年10月にJava 1.8のversion-UPパッチをリリースしたことと重なったことです。
お客様のセキュリティポリシー基準から「A's Style」もJava言語アップグレードテストを実施しなければならず、要件定義を進めつつ、上海オフィススタッフ協力の下、パッチテストを実施し、この局面を乗り切りました。

結果論かもしれませんが、この問題が発生したことにより、要件定義の段階から上海オフィススタッフとのコミュニケーションを取ることができたので、オフショア開発を順調に進めることができたと思います。

本案件の成果として社長特別賞を受賞されましたが、率直な感想は?

とても嬉しかったです。

短納期案件であったことから本社プロジェクトメンバーのみならず、オフショア先の上海オフィススタッフも高稼働になりました。
しかし、オフショア先に日本のシステム開発を経験し、かつ日本語が流暢である優秀なシステムエンジニアが在籍しているということがプロジェクト成功の大きな要因だと感じておりますので、このプロジェクトに係わった全てのメンバーとこの喜びを分かち合いたいと心から思いました。

実際にGWを利用して、個人的にも興味があった上海旅行へ行き、上海オフィススタッフと社長特別賞の賞金で美味しいオーガニック中華の卓を囲むことができました。

次の案件でもまた上海オフィススタッフと協力して仕事をするのがとても楽しみです。