TAKAHIKO SAKAITAKAHIKO SAKAI
勇往邁進

見た目はインテリ、
中身は無邪気な冷静活発少年

坂井 貴彦

2020年内定者
システムエンジニア採用

INTERVIEW

何を軸に就活をしていましたか?また、KMKWORLDへ入社を決めた理由は何ですか?

大学で情報系の学科を専攻しているので、適正と相性を考えてSEかそれに近い仕事につくことをイメージしていました。また中小と大手で分けて考えたとき、中小の方がよいなと思っていました。というのも、所属する組織の規模が小さいというのは様々な仕事に携わるチャンスが多く、自分の存在が大きく働くと考えられるからです。
KMKWORLDは入社前からの研修が手厚く、水準を満たせば有償インターンに参加できると聞いていたので、自分の技術力の腕試しと向上を考えたときに有利に働くのではないかと考えたのが決め手です。
複数回の懇親会や面談で多くの社員さんと話し、社内の雰囲気を好意的に感じられたのも大きな理由です。

リモート研修はあっという間に終わりましたね。やはり簡単すぎましたか?

リモート研修の内容は大学の講義で扱う程度のものだったので、ロジックで悩むことはなかったです。
それよりも、手を動かし続けることでオブジェクト指向について深く理解・納得できたこと、指摘を受けながらブラッシュアップしていくことで可読性の高いコードを書けるようになったことが大きな収穫でした。
リモート研修終了後に出された有償インターンに参加するための課題では、いきなりコードを書き始めるのではなく、作成するプログラムの設計・メソッドの役割などを資料で提示してから実装に入るという工程を踏みました。これも今までは行わなかった作業なので、伝わる工夫を意識する良い機会となりました。

学生にして有償での社内案件参画!今のご気分は?

前述のとおり大学のプログラミングと業務のプログラミングの違いを自分の中で強く意識していたので、培った開発力がマネタイズされるのは非常に嬉しいです。
参画している案件はリリース間近なので、主にバグ修正を担当しています。バグ修正と聞くとつまらない作業に思えますが、様々な画面を対応すること、それぞれ発生原因・修正方法が異なることもあり、考えることは多いです。さらに素早くやることを考えると、まだ伸び代はあるなと思ったりもします。
実装や仕様で不明な点があれば先輩方に聞きますし、いつでも快く答えてくれます。自分が散々悩んだ課題を質問したときに解決策を即答されるのは、嬉しくもあり悔しくもありますね(笑)

仕事に卒論に忙しいと思いますが、プライベートはどう過ごしていますか?

予定がない時は読書をしたり映画を観たり、音楽に没頭したり…と、かなり落ち着いた時間を過ごしています。
それと、筋トレを(ほぼ)日課としてやっています。と言っても筋肉をつけたいということではなく、デスクワークで頭と目だけ疲れると寝つきが良くないので、身体の疲労のバランスをとるためですね。
こんな感じでかなり出不精なのですが、出かければなんやかんや楽しいので、会社のサークルにはよく参加しています。普段自分では行かないところに行けたり、社内でしゃべる機会のない方と一緒に行動出来る良い機会となっています。