KUNIO SAITOKUNIO SAITO
温故知新

長きに渡り自社を守り立てる
KMKWORLDの陰の立役者

斎藤 邦夫

2006年入社
システムエンジニア
新規事業開発室

INTERVIEW

勤続10年以上の斎藤さんから見て
KMKWORLDの良さは何ですか?

若い社員が多く、活気があるところですかね。
もちろん、10年近く在籍する若くない(笑)社員も頑張っていますし、中途入社で実績のある方にも合流してもらうことで、以前は若いメンバーばかりでうまくいかなかった部分も補強されてきています。
ただ若い人が多いだけではなく、若いメンバーに自由にやってもらいつつ、それだけでは足りない部分やシビアな部分をところどころ中堅社員も一緒になって取り組むことで、全体を盛り上げているというのがKMKWORLDの温かさの理由だと感じています。

新規事業開発室ではどのようなお仕事をしていますか?

今、実は自社の新規事業開発そのものの仕事を100%行っているわけではないのです。半分は業務委託の仕事で、クライアント企業のアプリ開発支援をしつつ、クライアントの新しいビジネスの開発にかかわっています。
今まではSEとしてSIerに常駐する、という案件が多くの割合を占めていましたが、私のように100%常駐ではないメンバーも増えてきて業務委託のワークスタイルも多様化してきていると感じています。
KMKWORLDではまだまだ研究開発段階ですが、機械学習のプロジェクトなどを模索しています。新規事業開発は自社の未来を切り開いていく要となるので、他の事業部とも意見を交わしながら研究を重ねていきたいですね。

随分日焼けしていますね。

趣味がキャンプなので、夏は特によく焼けちゃいます。
今は小さい子供もいるのであまり山奥などには行きませんが、ライトなファミリーキャンプによく行きます。
ライトなキャンプでも、普段の大抵なんでも「ある」生活から離れ、いろいろ「ない」自然の中で子供たちと新しい遊びを考えたり、限られたツールで快適になるように工夫を凝らしたりすることが楽しいです。
思考が凝り固まっているようなときにキャンプへ出かけ一度リフレッシュされると、仕事で困っていたことについてブレークスルーがあったりします。

ITトレンド研究室というのがあるそうですね?

2、3年前にSlack上で有志のメンバーと緩く始めた自由研究的な活動です。
新しいテクノロジーによる新しいサービスや、それによる社会やビジネス状況の変化などの情報を収集し、共有しながらナレッジを蓄積しようという目的で始めました。今はあまりアクティブではありませんが、若手にもこういった情報に興味を持ち、活用していってほしいという想いからひっそりと継続しています。
どんなに画期的な技術でも、一般の人に受け入れられる「価値」に変換しないと意味がなかったり、社会の受容性の問題である流行が一気に終わってしまうこともあるということをこの活動を通じて学びました。 本当のトレンドと、バブルのような"偽の流行"を見極め、営業戦略にも役立てていきたいですね。