• 謎多き「新規事業開発室」、
  • その実態に迫る!
  • KMKの新規事業についての現在と未来
  • 富岡&斎藤

キーマンが語る野望とは?

インタビュアー
現在、みなさんはどんなプロジェクトを行っていますか?
新規事業開発室 富岡
売れるモノ」をつくるところです。
まだ生まれていないシステムやアプリを企画し、0から1を生み出し、1発目の販売モデルをつくっています。2から先は営業活動で展開するステータスになるから次の段階。なので、まずは「1をつくること」をメインにしています。
その中でも特に、新しい技術や要素に繋げられるものを中心に動いています。低コストで回るものをつくっていく部署です。
インタビュアー
低コストで回るものをつくる。スローガンみたいですね。
新規事業開発室 富岡
低コスト、といいながらこれは理想です。現実は、赤にならなければ良しとしてます…
Pro-fit事業部 斎藤
プロ・フィールドの診察券アプリなんかは、まさにこのパターンですよね。
https://profield.co.jp/acusis/apps/
新規事業開発室 富岡
そうそう。お客様からご要望をいただいて、社内で企画して作成してリリースしました。今、営業活動はこっち(新規事業開発室)ではやってなくて、プロフィールドの営業が行っている。この流れを作る仕事です。
インタビュアー
現在はどんなお仕事を?
新規事業開発室 富岡
大手メディアとの協業で、健康に関するポイントをIoTで活用し、ウェアラブル利用するシステムに参画しています。こちらも企画・プランニングを。
まあプロデューサーの立ち位置ですね。
インタビュアー
おお。具体的には?
新規事業開発室 富岡
これ以上はNGです。
企画って仕事はなかなか情報を出しにくい。
説明も難しい…なんか書きにくくてごめん(笑)
インタビュアー
いえいえ(笑)
では、今後の新規事業の展開について…もまた具体的には…
新規事業開発室 富岡
ごめんなさい(笑)
インタビュアー
ですね。
では野望といいますか、今後こんなことしてみたい、という思いを聞かせていただけますか?
Pro-fit事業部 斎藤
それなら(笑)
例えばブロックチェーンでいうと、一般の方が「便利」と感じるものを手掛けたいですね。ユーザーは意識せず使うけど、実はその後ろではブロックチェーンだった、というようなものをやりたいです。
インタビュアー
なるほど。
ブロックチェーンってまだ馴染みが薄いので、身近に感じるきっかけになるかもです。
新規事業開発室 富岡
同じブロックチェーンでいくと、私は企業ポイントを作りたいですね。社内通貨としても使えるやつ。
インタビュアー
おお、ポイントとして評価制度に使ったり、実際に通貨としてジュースを買えたりできそうです。
新規事業開発室 富岡
そう。そして、それを育てて使える範囲を大きくしたい。例えばこのビル全体(聖路加タワー)に広げるだけでも一大プロジェクトになる。
インタビュアー
なるほど。夢が広がりますね。
新規事業開発室 富岡
それと、全然毛色は違うんだけど、社内の働き方を変えたいんだよね。
インタビュアー
といいますと?
新規事業開発室 富岡
全体はもちろんなんだけど、企画・開発をスピーディーにしたい、というのが(新規事業開発室の)課題にあって。
インタビュアー
アイディアは、もたもたしてたら他の人に盗られちゃいますもんね。
Pro-fit事業部 斎藤
開発でいうと現在は社内開発だけでなく、SESとして外に出ているメンバーが多いんです。
システム開発会社として、大手SIerから仕事を貰って、ウォーターフォールの中で開発プロセスを行う、というフローだけど、もっとアップデートされた開発プロセスのチームを作りたいですね。
新規事業開発室 富岡
そう、少人数からのアジャイル開発、プロトタイプ開発といったやり方にチャレンジしたいです。
インタビュアー
どんな違いがあるのですか?
Pro-fit事業部 斎藤
フリーランスの方の働き方がそれなんだけど、ウォーターフォール方式だと、現場常駐で1人1案件、1人月いくらという契約が多いけれど、これを1人で複数案件抱えて回していくスタイルにしたいんです。
インタビュアー
プロジェクトマネージャーとかで聞きますね。スマホ用アプリ開発とかの細かいプロジェクトとかに有効なのかな、と思います。
新規事業開発室 富岡
うん。社内でコミュニケーションツールを導入して結構経ったし、慣れてきたのもあって、コミュニケーションはツール上でおおよそは出来るようになったと思う。
なので、その上でこれを実現させるには、作業者が「自分の得意領域で仕事を行う」ことかな。どのコードが書ける、とかに限らなくて…例えばビジネスモデルを考えるのが得意とか、人と話すのが好き、とか。
そのなかで、調整が得意なら調整をひたすらやる。苦手な分野はやっぱり時間がかかっちゃうからそこがもったいない。その時間を得意な分野に置き換えて、ちょこちょこやる。そうした積み重ねで、生産性を底上げしたいですね。
インタビュアー
社内では分業として見かけますが、請負でやるというのは画期的ですね。
実現は可能なのでしょうか?
新規事業開発室 富岡
実現には契約内容とかもあるから要調整だけど、なにより「自分で考えて動けること」がマストになるので、新卒でも中途でも同じく、自分から情報や仕事を求めていく人と組みたいですね。
Pro-fit事業部 斎藤
得意分野の武器を存分に生かしたい人、積極的に動くのが得意な人、お待ちしております!
得意分野の武器を存分に生かしたい人、積極的に動くのが得意な人、一度お話しませんか?