TERUAKI UESUGITERUAKI UESUGI
和光同塵

上杉 晃彬

2019年内定者
システムエンジニア採用

INTERVIEW

ケーエムケーワールドへの早期内定承諾の決め手は?
内定者研修はいかがですか?

様々な場で通用する実力をつけたい、と考えながら就活をしていく中で、ケーエムケーワールドのセミナー「IT業界の温故知新」を受講し、SE職への興味が増しました。加えて内定承諾後すぐに、プログラミング言語であるJavaを、自宅でも会社でもマンツーマンで学べる、という制度の充実ぶりが一番の魅力で、早期内定承諾を決めました。
承諾後は、内定者研修という形で、一方では、前述のJavaのリモート研修を事業部長から直々に行っていただきながら、他方では、ビジネスマナー研修を受講しており、技術についても礼節についても、多くを学んでいます。
さらにサークル活動では、会社に費用を負担してもらいながら、先輩方と一緒に体を動かしたり、イベントに参加したりすることで、入社前から会社に馴染むことができます。
多くの面で、学生から社会人へ、変化している実感が得られています。

今は、過ごした時間に無駄はないと感じていますか?

はい、そう思えるようになりました。以前は、大学で留年したことへの焦りや、社会や周囲への拗ねのような感情を漠然と抱いていましたが、同期となる内定者たちと過ごす時間や、先輩となる技術者の方々と過ごす時間が増えたことで、停滞した時期を経験したからこそ、今の時間を大切にできているのだな、と感じられるようになりました。
内定者研修では、1つ上の先輩から事業部長まで、社内の多くの方が面倒を見て下さり、愛情を持って育成して下さっています。そのような、ある種家族のような雰囲気のおかげで、今では社会や周囲に対して、素直になれているのだと思います。
ケーエムケーワールドで最初にお会いした人事の土屋さんが「5年後、10年後に先を歩いていればいい。人生の経験に無駄はない!」と話してくださいました。今では実感をもって、その言葉を信じられます。

配属される事業部を、逆指名したというのは本当ですか?

逆指名したつもりはありませんが、そういうことになっていました(笑)。
内定者研修の中で、各事業部の方から、それぞれの事業内容を説明していただく時間がありました。事業内容というのは、初めはイメージのつきにくいものでしたが、同事業に日々携わっている技術者の方からお聞きすると、簡潔で明快な説明が得られ、また、仕事に対する熱意が感じられ、頭と心で理解している実感を持つことができました。
就活以前は、自分が文系であったことによる先入観から、縁遠く感じていた業界・職種・事業の内容が、就活以降、特に内定者研修を通じて、とても身近で魅力的なものに思えてきています。
そうした気持ちもあり、内定者研修の当日の日報で、この事業部の仕事をしてみたい、と感じたままに書いたところ、逆指名として受け取られていた、というのが事の経緯です。みなさんが笑顔で「逆指名、いいねー」と答えて下さり、その温かさに感謝しました。

趣味は将棋。ゲームの将棋とリアルな将棋の、違いや楽しさを教えてください。

オンラインの対局では、どこでも指せる手軽さが、一番の良さだと思います。しかも、自分の強さに合わせた相手と当たるので、初心者でも実力者でも、接戦を楽しめます。現在は、赤い龍のアプリで三段なので、20代のうちに五段、が目標です。
一方で、盤を挟んだ対局では、相手の人間性が感じ取れます。
好手を指すときには力がこもっていたり、切り返しをくらって露骨にがっかりしたり、相手の手番の見落としに気づいて「あっ」と声を発したり、いろいろあります。
実際に経験した中では、対局直前の駒を並べるときに、でたらめな、我流の、さも弱そうな順番で並べていたおじさんに、ぼこぼこにされた対局が忘れられません。侮っていたのを差し引いても、普通に強い人で、気づいたときには手遅れでした。悔しかったです。もう騙されません。
どちらもとっても楽しいので、興味のある方はぜひ指してみて下さい!