RYUNOSUKE SUZUKIRYUNOSUKE SUZUKI
初志貫徹

考えていることが表情にも言葉にも表れる、
裏表のない強い意志

鈴木 隆之助

2015年入社
システムエンジニア プロジェクトリーダー
エンタープライズアーキテクト事業部

INTERVIEW

新卒3年目で大きな自社開発プロジェクトのPLを経験しての感想は?

プロジェクトを回すというところで今も苦労しています。
以前はプログラマとしての視点でしか仕事をみれていませんでしたが、要件定義からPLという立場で仕事をすることによって、上流工程の重要さを痛感しました。1年目、2年目のときは、ちゃんと理解できていなかったことです。プログラミングだけでは「お客様の業務」という観点を持つことはできなかったと思います。
『苦労の中に仕事の喜びがある』内定者や後輩指導を経験して、人の成長から自分を知る事が多くあります。仲間と共に成長を続けていくことが、仕事の喜びだと実感するようになりました。

プロジェクトの改修時期に入っていますが、今のご感想は?

今回のプロジェクトのミッションは、「既存システムの別言語、別基盤へのマイグレーション、及び新規要件の取り込み」です。
現行システムの要件≒機能を変えないというところに甘さがあり、再度要件の見直しや機能分析、プログラム修正が発生しています。
私の見積もりの甘さが、プロジェクト全体のブレに繋がりました。
ここでもプロジェクト運営と上流工程のコントロールの難しさを実感しています。
この経験を次に生かすべく、必死に頑張っているところです。

上司のようなできるエンジニアを目指していましたね。近づいたと思いますか?

まったく近づいている気がしません(笑)
経験と勉強量が圧倒的に足りていないことを日々痛感します。
作業を掛け持ちしながら上流から下流まで幅広くこなしていく上司を見るたびに憧れの感情を抱きます。
経験の差は埋めることができないので、今後は少しでも知識量を増やして同じ土俵で会話できるようにしていきたいと考えています。
直近の課題は、システムリリースに向けて、行っていくべき作業や色々な意思決定を上司のやり方を参考にしながら自分のものにするということです。
これができれば少しは近づけるかと考え、日々の業務を遂行しています。

入社してからの4年間を振り返って、今どんなことを思いますか?

先輩が行っている業務について、自らもっと興味を持ち、勉強していればよかったと思います。
私が1年目と2年目で同じプロジェクトに参画していた先輩の仕事のレベルがあまりにも高すぎて、なんていうかうまく言えませんが、まだ自分には早いと思っていました。すごい先輩がすぐそばにいてくれたのにとてももったいないことをしたと思っています。二度と後悔しないように、努力を怠らないようにしています。いまは、大先輩の一挙手一投足見逃しません!また一緒に仕事をできる機会があることを楽しみにしています。会社イベントで顔を合わせると、必ず先輩から「どうだ?」と声をかけていただける事が、仕事の励みになりました。温かい人に囲まれていると思います。