AYAKA MATUMOTOAYAKA MATUMOTO
英明果敢

個性と教養を育て続けたその先が、
気立ての良いマネージャー

松本 彩花

2013年入社
システムエンジニア マネージャー
金融システムソリューション事業部

INTERVIEW

入社5年目でマネージャー、
大変なことは何ですか?

メンバーとのコミュニケーションです。
昨年度までは、事業部のメンバーが同じ現場で働く環境でした。毎日顔を合わせているので、メンバーとのコミュニケーションに事欠きませんでした。
しかし、今年度からメンバーが別の現場に移動し、それぞれがどのような仕事をして、何に困っているのか把握が難しくなりました。
月に1度はメンバーの現場を訪問して状況をヒアリングをしたり、LINEでこまめなやりとりをするなど、1on1でやりとりする時間を増やすことをこころがけています。

来年度の挑戦は何ですか?

マネージャーのミッションは以下の2つです。
①メンバーの教育
②売り上げの達成
今年は、①に力を入れてきました。メンバーに合わせた指導を行い、スキル向上を促してきました。結果、お客様からメンバーのスキルについて高評価をいただくことができました。
来年度は、②に一層力を入れていきます。メンバーから収集した情報をもとに、事業拡大のチャンスを確実につかめるようになりたいです。
数字の上げられるマネージャーになるために、業務知識を深め、自己研鑽に努めていきます。

趣味は何ですか?

趣味は美術館散策です。
レオナルドダヴィンチなどのルネサンス期の絵画が一番好きですが、美術館には時間が許す限りジャンルを問わず足を運びます。(1日で4つ美術館を回ったこともあります。)
休日出勤後の振替休暇はもっぱら美術館巡りに費やします。平日朝一の人の少ない時間に絵画を眺めるのが至福のひと時です。
絵画鑑賞後の周囲の散策も楽しみの1つです。展覧会オリジナルグッズを購入したり、美術館周辺でスイーツを購入したりしています。

入社10年後のビジョンは?

ケーエムケーワールドでは、入社10年目の社員を表彰する制度があります。
私の大先輩が受賞した時は、同じ会社で10年仕事を継続することだけでもすごいことだと思いました。
入社5年が経過した今感じることは、年月を積み上げることで、経験が蓄積され成長することができるということです。一方で、マネージャーに就任したこともあり、背負うべき責任がより一層重くなることも日々感じています。
自分の目の前にある仕事から逃げずに立ち向かうことで自分をより一層成長させ、そんな自分を誇れるようになりたいです。